九州大学生体防御医学研究所の藤木幸夫特任教授らのグループは、ミトコンドリアとペルオキシソームの増殖を制御する新規タンパク質DYNAMO1の同定に世界で初めて成功した。

 地球上は、約23億年前から高濃度の酸素で覆われている。ミトコンドリアは、この酸素を用いて、我々の生命活動に必須なエネルギーを作り出している。一方で、ペルオキシソームは、エネルギー生産の際に生じる猛毒(活性酸素)を無毒化している。ミトコンドリアとペルオキシソームの増殖異常は、パーキンソン病などの神経疾患の原因になることから、分裂機構の解明は、医学をはじめ生命科学分野において重要な課題である。

 これまで、同研究チームは世界に先駆けて、ミトコンドリアやペルオキシソームの分裂に関わる分子装置の存在を明らかにしてきた。この装置の持つリング状構造の収縮により膜が分断されることが分かってきたが、装置の構成物質や収縮メカニズムの詳細は不明であった。

 そこで今回、同グループは、この装置を細胞から取り出し、質量分析や細胞構造生物学的解析を進め、新規分裂タンパク質DYNAMO1の同定に成功し、DYNAMO1が装置の収縮に必要なエネルギーを産生することを発見した。自動車などのエンジンが、石油からエネルギーを生み出すのと同様に、細胞内小器官の分裂においても、DYNAMO1が作り出したエネルギーにより分裂装置が動作していることが示唆される。

 本成果は、真核細胞の基本原理の解明に繋がる発見となる。

論文情報:【Nature Communications】Onsite GTP fuelling via DYNAMO1 drives division of mitochondria and peroxisomes

九州大学

未来を切り拓く「総合知」を生み出し、社会変革を牽引する大学

今年111周年を迎えた九州大学は、12学部19学府を擁する基幹総合大学。世界最高水準の卓越した教育研究活動を展開し国際的な拠点となり得る「指定国立大学法人」として指定を受けました。これまで培い蓄積した人文社会学系から自然科学系、さらにはデザイン系の「知」を組み[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。