中京大学体育学研究科2年臼井優華さんが、2018年11月22日、日本サッカー協会(JFA)などが主催する「夢の教室in豊田」で、初となる学生講師として参加。豊田市立挙母小学校、豊田市立西保見小学校2校で、夢を持つことの大切さを熱弁した。

 日本サッカー協会(JFA)が全国各地で行っている「夢の教室」は、トップアスリートが子供たちに夢を持つことの大切さを講義と実技で伝える取組み。愛知県ではJFAと豊田市がスタートさせ、2015年度からは中京大学とトヨタ自動車株式会社も加わり、産学官連携事業として4年目となる。

 今回、挙母小学校と西保見小学校で行われた「夢の教室in豊田」で学生講師を務めた臼井さんは、新体操男子で日本一になった実績のあるトップアスリート。臼井さんは、得意のバク転、バク宙をして登場し、子供たちの心を一瞬で掴んだ。自己紹介の中では、自身がこれまで行ってきた演技を披露。初めて見る演技に、子供たちからは感嘆の声があがった。講義の時間には新体操競技を始めるきっかけや挫折などの話などを語り、「夢や目標を持つ大切さ」について強く訴えた。

 中京大学は、2018年度の「夢の教室」に、青戸慎司・陸上競技部監督、青山繁・バレーボール部監督、佐々木祐一郎・水泳部監督3人を講師として派遣している。

参考:【中京大学】『「夢の教室」in豊田』初となる学生講師を豊田市内の小学校へ派遣

この記事が気に入ったらおねがいします。

中京大学

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。