北海道大学大学院教育学研究院の山仲勇二郎准教授と、よつ葉乳業株式会社中央研究所の元島英雅研究員、内田健治研究員らの共同研究グループは、心理的なストレスの原因(ストレッサー)に対するストレス反応が朝と夜とで異なることを発見した。

 コルチゾルは体内時計の制御を受ける代表的なホルモンであり、朝方に高く、夜間に低いという明瞭な日内リズムを示す。また、生体のストレス反応を担う視床下部-脳下垂体-副腎皮質系(HPA axis系)の活動指標でもある。これまでの研究で、コルチゾル濃度が高い朝方から日中に正常なストレス反応が見られることが知られていたが、コルチゾル濃度が低い夜間については検証されていなかった。

 そこで本研究では、健常成人男女を対象に、日常生活下での唾液中コルチゾルの日内リズムと、心理的ストレッサーを朝と夜に与えた際のストレス反応の大きさを比較した。その結果、コルチゾル濃度が低い夜間では、心理的ストレッサーに対するストレス反応が見られないことを発見した。つまり、夜間は外部からのストレッサーに対して生体の防御機構がうまく適応できないことが示唆された。

 本研究により、HPA axis 系のストレス反応にみられる時刻差が、体内時計に制御されるコルチゾル濃度のリズムと関連することがわかったことで、からだのリズムが乱れやすい現代社会におけるストレスマネジメント、ストレスを原因とする疾患予防への応用が期待される。

論文情報:【Neuropsychopharmacology Reports】HPA axis differentially responses to morning and evening psychological stress in healthy subjects

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。