民間の留学事業者等66社で構成される一般社団法人海外留学協議会(JAOS)は、JAOS会員である留学事業者38社を対象に日本人の留学生数の調査を実施。その結果、フィリピン留学が増加の反面、アメリカ留学が減少していることなどが明らかになった。

 JAOSは社会人や小中高校生などを含む留学生数統計データを提供するため、『海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査』を毎年実施している。今回の調査によると、2017年の年間留学生数は78,109人。2016年の調査時より留学生の人数を減らしたのはアメリカとオーストラリアで、特にアメリカは19,024人(2016年)から17,894人(2017年)と1,130人も減少。留学目的別でみると語学留学目的でアメリカに行った人数の減少が一番大きかった。一方、アメリカへの学士取得留学の人数は680人(2016年)から741人(2017年)と61人増加した。最近のアメリカの治安や移民政策などのイメージから語学留学は減少したものの、海外進学を目指す日本人高校生が昨今増えていることを受け、アメリカの大学に学位取得を目指す層は増加していることがわかった。

 また、フィリピンは2016年の調査でJAOSからの留学生が6,238人だったが、2017年は6,755人と517人増加。イギリスの6,648人を抜いて4番目に留学生が多い国となった。フィリピンの留学生はこの2年間で2,837人も増加しており、日本の中でのフィリピン留学の認知度が高まったことが要因。社会人だけでなく大学生や高校生もフィリピンを留学先に選ぶようになったことや、企業、大学、高校が研修先にフィリピンの学校を利用するようになったことが理由だと考えられる。

 留学目的別でみると、海外の中学高校への留学は15,200人(2016年)から15,870人(2017年)と670人増加し、日本人の留学目的で一番人気の語学留学が減少する中、大きく人数を増やした。これは、日本国内のグローバル化が進み、自分の子供に、グローバル人材になれるような教育を受けさせたいと感じる親世代が増加したことによるトレンドだと考えられる。

参考:【一般社団法人海外留学協議会】一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2018

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。