全国の医学部で相次いで発覚した不正入試問題で、被害者を追加合格とする分、募集枠が減るのが受験生に不利益だとして、現役の医学生らでつくる「入試差別をなくそう! 学生緊急アピール」は、医学部の臨時定員増などを求める約1万5,000筆の署名を文部科学省に提出した。

 学生緊急アピールによると、署名はインターネット上のサイトを通じて集め、医学部の臨時定員増、各大学に適切な対応を促すこと、疑惑を招きかねない事案がある大学名の公表の3点を要請している。

 申し入れに対し、文部科学省は各大学へ適切な対応を促す点について「しっかりと対応する」と答えたものの、臨時定員増は「難しい」、大学名の公表は「できない」と拒否した。

 学生緊急アピールは勉強会などを通じて面識がある全国の医学生ら約30人が不正入試の広がりを受けて11月に設立した。事務局の筑波大学医学部6年の山本結さんと、同学部6年の前島拓矢さんが署名提出後に記者会見し、これまでの活動を説明した。今後もさらに署名を集め、文科省に追加提出を予定している。

 柴山昌彦文科相は定例記者会見で臨時定員増について「医学部の入学定員は医師の需給推計に基づき、医師過剰にならないよう配慮することが決まっている。定員増は政府全体で議論しなければならないことで、現時点で定員増を行うことは極めて困難だ」と述べた。

参考:【入試差別をなくそう! 学生緊急アピール】署名提出のご報告
【文部科学省】柴山昌彦文部科学大臣記者会見録(平成30年12月18日)

この記事が気に入ったらおねがいします。

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。