学校法人ルーテル学院は、2024年3月21日開催の理事会において、2025年度よりルーテル学院大学・大学院(東京都三鷹市)の学生募集停止を決定した。

 ルーテル学院は、1909年、牧師を養成するための日本路帖神学校として熊本に開学。のちに東京都中野区に拠点を移し、1964年にはルーテル学院大学として大学認可を受け、1969年に現在の東京都三鷹市に移転した。設立の母体はキリスト教プロテスタントの源流であるルター(ルーテル)派教会、日本福音ルーテル教会と日本ルーテル教団で、国内外に大学など教育機関のネットワークを持つ。

 ルーテル学院大学は国際基督教大学や東京神学大学に隣接しており、緑豊かなキャンパスには建築家、村野藤吾氏の設計による校舎やチャペルを有する。「キリストの心を心とする」という建学の精神に基づいた少人数教育と実習教育を特徴とし、人間学、社会福祉学、臨床心理学の専門人材を育成、輩出してきた。

 しかし、近年の少子化傾向等の影響で2022年度より連続して入学定員を大きく割ることとなり、これまで極小規模の単科大学として、現在の教育体制を維持することを長期的な視点で検討・分析を重ね、また、大学教育存続のためのあらゆる可能性についても調査・検討を行ってきたが、今後長期的に経営を継続することが困難と判断せざるを得ず、2025年度より学生募集を停止することになった。

 今後、大学は2024年度の新入生も含めた全ての在学生が卒業するまで、ミッションステートメントに基づき、学生一人ひとりの学びと学生生活の充実、将来に向けた取り組みに対する教育的使命を全うする。卒業生に対しての成績、卒業など各種証明書の発行などについては、ルーテル学院がこれまで通り対応する。2024年度入学予定者とその保護者・保証人、在学生とその保護者・保証人に対しては3月に説明会を開催して説明する。また、全ての学生が卒業した後も、学校法人ルーテル学院は残り、日本ルーテル神学校の教育と研究を続けていく。

 なお、熊本県熊本市にある九州ルーテル学院大学は別法人(学校法人九州ルーテル学院)のため無関係。こちらは2025年度入学者選抜に係る学生募集要項は、6月初旬に公表する予定だという。

参考:【ルーテル学院大学】ルーテル学院大学 2025(令和7)年度以降の学生募集停止について
【九州ルーテル学院大学】お知らせ

ルーテル学院大学

誰かの役に立ちたいという“想い”をカタチにする教育を実践

110年以上にわたり、キリスト教を基盤とした豊かな人間性を育む教育を発展させてきたルーテル学院大学。キリスト教の深い人間理解を通じて、人々の生活に寄り添う社会福祉と、こころの悩みに寄り添う臨床心理を包括的に学び、心と福祉と魂の高度な専門家を養成しています。総合[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。