他の個体を顔の模様で見分けるとされるアフリカの淡水魚が、上下を逆さにした画像を見ると見分ける能力を低下させることが、大阪市立大学大学院理学研究科の幸田正典教授らの研究チームが突き止めた。顔認証の倒立効果と呼ばれる人間やチンパンジーで起きる状態で、魚類の倒立効果を確認したのは世界で初めて。

 大阪市立大学によると、アフリカに生息するカワスズメ科の淡水魚「プルチャー」は、仲間の個体を顔の模様で判別し、知らない個体を見ると頻繁に視線を送って注視することが知られている。

 そこで、水槽にいるプルチャーに知っている個体と知らない個体、上下を逆さにした知っている個体の顔を見せたところ、逆さにした知っている個体に対し、知らない個体と同じ程度に視線を送っていることが分かった。

 人間やチンパンジーなどサルの仲間は顔を素早く認識することに特化した顔神経を持っている。顔神経を持つ動物は上下を逆さにした顔を見せると、見分ける能力が低下する倒立効果が起きる。

 幸田教授らは今回の実験結果をプルチャーに倒立効果が働き、顔神経を持っている可能性があることを示唆しているとみている。顔神経が脊椎動物進化の初期段階から備わり、発達してきたとも考えられそうだ。
幸田教授は「人間で発達している顔神経の基本形は4億年前の魚類の段階で既に進化していたのかもしれない」とのコメントを発表した。

論文情報:【Animal Cognition】Does a cichlid fish process face holistically? Evidence of the face inversion effect

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。