麗澤大学は、2020年4月に「国際学部」を新設する(設置構想中)。

 麗澤大学が新設予定の「国際学部」は、2学科3専攻(国際学科:日本学・国際コミュニケーション専攻/国際交流・国際協力専攻、グローバルビジネス学科:グローバルビジネス専攻)で構成され、人文科学と社会科学にまたがる学問領域をつなぎ、国際社会に対応するグローバルリーダーの育成を目指す。

 「日本学・国際コミュニケーション専攻」では、クラスの3分の1を占めるアジアやEUなどからの留学生と日本人学生が共に、日本文化や社会を学び、学生の国際性を養う。「国際交流・国際協力専攻」は、国際交流・観光・国際協力の知識や理論を学び、その学んだ知識や理論を国内外で行う問題解決型の実践的な学習機会などを通じて身に付ける。目標とする進路イメージは、国際公務員、外務省専門職、青年海外協力隊など。「グローバルビジネス専攻」は、留学を前提に徹底的に英語力を強化。留学中は、正規留学として英語で経済学・経営学を学びながらグローバル社会の中で活躍するグローバルリーダーを育成する。定員は160名(各学科80名)を予定している。

参考:【麗澤大学】「麗澤大学 国際学部」2020年4月に新設

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。