成城大学は、2019年4月、データサイエンス教育研究センターを開設した。データに関心を持ちデータに基づき考え行動する学生を育て、人文・社会科学の分野におけるデータサイエンスの応用の開拓を目指す。

 センター設置は、文系大学である成城大学において、学生たちにデータを起点とした論理的・科学的な思考を身に付けてもらうことがねらい。ソーシャル・ネットワークやスマートフォンなどの学生に身近な話題を通して「ビッグデータ」について学ぶなどの基礎的な授業から、データサイエンスの分析技術、活用技術を実例により学ぶ実践的な授業を通して、学生たちにデータに基づき考え、課題を発見する方法、解決する力を身につけさせる。

 これまでも成城大学では、データサイエンスに特化した科目群を全学生の共通科目として設置し、「理数系教育」にも力を入れてきた。2015年には、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所と包括的な連携協定に基づき、全国の文系大学の中でもいち早くデータサイエンスの授業(データサイエンス科目群)を開講している。

参考:【成城大学】成城大学 文系大学から理数系教育を積極的に行う大学へ 成城大学が、2019年4月にデータサイエンス教育研究センターを開設(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。