広島大学大学院総合科学研究科の杉浦義典准教授らの研究グループは、白昼夢が幸福感につながる条件を明らかにした。

 ふと気がつくと心ここにあらずの状態であったり、目の前のこととは関係のないことを空想していたり、といったことはだれしも経験のある事柄である。このような状態は白昼夢と言われ、ハーバード大学の研究チームは、平均すると起きている時間の約50%の間、人は白昼夢にふけっていることを2010年にScience誌に発表し、大きな注目を浴びた。同時に、人が白昼夢にふけっている間は幸福感が損なわれることも報告していた。

 しかしながら、白昼夢が不適応なものであるとは考えにくいとし、今回、広島大学の同研究グループは、20歳から59歳までの成人800人をターゲットとし、白昼夢の頻度、幸福感、マインドフルネスの程度、アニメやゲームにどの程度お金を費やしているか(オタク消費)を質問した。その結果、マインドフルネスあるいはオタク消費の多い人では、白昼夢の頻度が多いほど幸福感が高いことが分かった。

 白昼夢というと子供や青年に特有のものと思われがちであるが、幅広い年齢層でこのような結果が得られたことは興味深い。また、白昼夢の頻度が高いほど幸福感は低くなりがちであるという研究知見が多い中で、白昼夢の頻度が高いほど幸福感が高いのはどのような人かを明らかにした点も重要である。

論文情報:【Journal of Happiness Studies】Relation Between Daydreaming and Well-Being: Moderating Effects of Otaku Contents and Mindfulness

この記事が気に入ったらおねがいします。

中国地方の大学

グローバル人材を持続的に輩出。知を創造する世界トップ100の大学へ

「平和を希求する精神」、「新たなる知の創造」、「豊かな人間性を培う教育」、「地域社会・国際社会との共存」、「絶えざる自己変革」の5つの理念の下、11学部11研究科を擁する日本でも有数の総合研究大学。未知の問題に自ら立ち向かう「平和を希求する国際的教養人」の育成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。