明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明教授と同学科3年の鍜治慶亘さんは、舌に電気味覚を付与し、「食べ物の味を変える」手袋型のデバイスを開発した。

 今回開発した手袋型のデバイスを着用すると、人差し指部に取り付けられている電極からスプーンやフォーク、コップ等の金属製の食器を介して、舌に電気味覚を付与する。電気味覚とは、舌など味を感じる味覚器が電気刺激を受けた際に感じる金属味、酸味、塩味などの味質変化のこと。バナナ等の果物など手づかみで食べるものに対しても、手袋型のデバイスにすることによって電気味覚を付与することが可能になり、飲食物へ気軽に電気味覚を付与することができるようになった。

 宮下教授らのこの研究は、2019年6月12日に東京大学で開催された日本バーチャルリアリティ学会、第1回神経刺激インターフェース研究会で「あらゆる金属製食器を電気味覚提示に用いる手袋型デバイスの試作」と題して発表された。

参考:【明治大学 宮下研究室】あらゆる金属製食器を電気味覚提示に用いる手袋型デバイスの試作(YouTube)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。