金沢大学人間社会研究域経済学経営学系の金間大介准教授らは、新市場創出の例として、日本における国産紅茶産業の再生に関する調査を行った。調査により、緑茶生産者が技術革新を起こしながら、紅茶産業の復活を推進してきたことが明らかになった。

 日本では19世紀から国産紅茶の生産が始まり、一時は5千トンもの輸出があった。しかし、20世紀後半の経済発展に伴う労働力不足と労働賃金の上昇による価格上昇で競争力を失い、ほぼ消滅。21世紀に入ると、紅茶の生産が再開され、現在はその生産量も上昇しており、品質的にも優れたものとなっている。

 金間准教授らの研究では、この紅茶産業の復活を「新市場創出」の例として捉え、“さしま茶”で知られる茨城県猿島の状況調査を通して紅茶産業再生に至る特徴を明らかにした。調査の結果、緑茶市場の縮小に伴い新市場の開拓を目指す緑茶農家が主体となり、生産・製造における技術革新と技術移転、新たなサプライチェーンの開拓、それによる消費者から茶農家への直接フィードバックが重要な役割を果たしたことが分かった。

 本研究の結果は、厳しい環境にありながらも起業家精神に満ちた経営者や生産者が自らの手で新市場創出を実現するプロセスを明らかにし、その多くが縮小傾向にある国内の食品や農産品生産の新たな指針の一つを示すものであると期待される。

論文情報:【Journal of Economic Structures】The growth of the Japanese black tea market: how technological innovation affects the development of a new market

金沢大学

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。