2019年6月3日、学校法人青山学院と学校法人横浜英和学院は、横浜英和学院の設置学校である横浜英和小学校が、青山学院の設置学校である青山学院大学の「系属校」となる協定書を締結した。

 青山学院と横浜英和学院は、どちらもプロテスタント教会の教派メソジストの精神で共通するキリスト教信仰に基づく教育方針を掲げる学校。2014年には、「横浜英和女学院中学高等学校」が青山学院大学の系属校となる協定書を取り交わし、2016年4月1日から「青山学院横浜英和中学高等学校」となっている。今回、「横浜英和女学院中学高等学校」に続き、「横浜英和小学校」が青山学院大学の系属校となることで合意した。

 横浜英和小学校が青山学院の系属校「青山学院横浜英和小学校(仮称)」となるのは、2020年4月1日。協定では、経営形態は、系属校になっても従来通り学校法人横浜英和学院の設置校として管理・運営され、これまで使用してきた校訓や校章、校歌も現状のままとした。また、青山学院大学への入学については、青山学院大学への進学を希望する「青山学院横浜英和小学校」および「青山学院横浜英和中学高等学校」の卒業生で、大学が別に定める条件を満たしたもの全員が青山学院大学へ進学できることになった。

参考:【青山学院大学】青山学院大学と横浜英和小学校が系属校協定を締結

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。