武蔵大学が2015年度に開始した、ロンドン大学と武蔵大学、両大学の学位を取得できる国際的プログラム「パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」。日本初の試みとして導入されて4年、履修を終えた1期生のうち、2名がロンドン大学の学位を取得した。

 「パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」は、日本にいながらロンドン大学のBSc(専門教育プログラム)と武蔵大学の授業を並行履修し、双方の試験に合格すれば、両大学の学位を取得できる。今回、学位を取得した2名の学生にPDPを履修した感想と今後の展望を聞いた。

 『PDPは少人数で授業を受けることができ、教授との距離が近いことから積極的に質問する機会にも恵まれました。限られた時間の中で2つの大学の授業をこなさなければいけないため、計画的な時間の使い方が身につきました。授業では議論をすることも多く、就職活動の面接やグループディスカッションの際に、自分の意見を論理的に伝えるのに役立ちました。卒業後はPDPでの経験を活かして、自ら社会に影響を与えられる仕事に携わっていきたいです。』(PDP1期生・静岡県立富士東高等学校出身)

 『PDPに参加しより多くのことを学ぶことができました。特にSingapore Institute of Management(シンガポール経営学校)への留学では日本とは全く異なる環境での経験を通じて、大きく成長することができました。First Class Honours評価(最も優秀な成績)を頂けたことも、誇りに思っています。今後は、PDPで学んだ知識を応用して、多くの企業商品のマーケティングで活躍したいと思います。』(PDP1期生・都立富士高等学校出身)

 武蔵大学のPDP教育センター長は、『2人は4年間にわたって努力し続けたパイオニア。2人に続く学生のためにより良い授業とプログラムを提供することにコミットしており、学位取得者数も来年、再来年と増えていくと見込んでいます。今後も、グローバルスタンダードの経済・経営学を真剣に学びたい学生を全力でサポートします。』と今後のPDPへの期待と抱負を述べた。

参考:【武蔵大学】「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」1期生がロンドン大学の学位を取得しました

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。