2019年9月20日から、昭和女子大学の学内でAmazon Hubロッカーの設置、運用を開始した。Amazonロッカーが配置されるのは日本で初めて。

Amazonロッカーは、アマゾンジャパン合同会社が提供する、好きな時間に商品の受け取りや返品ができるセルフサービス型の配送ポイント。Amazonで教科書などを注文する際、受け取り先をこのAmazon Hub ロッカーに指定すると、キャンパスで受け取れることができる。昭和女子大学と構内に移転したテンプル大学ジャパンキャンパスなどの学生の利便性向上に貢献しそうだ。

さらにグローバルビジネス学部では、ロッカーの設置により学生や教職員の購買行動がどのように変化するのかアンケートおよびインタビュー調査を行うことも予定しており、今回の設置をきっかけに、新たなビジネスの可能性も検討していくとしている。

参考:【大学プレスセンター】日本初・Amazon Hub ロッカーを昭和女子大学のキャンパス内に設置

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。