宇宙に滞在して帰還したマウスの生殖能力に異常がなく、次世代マウスの成長や繁殖にも宇宙滞在の影響が見られないことを、大阪大学微生物研究所の伊川正人教授らの研究グループが確認した。筑波大学、宇宙航空研究開発機構との共同研究の結果で、精子受精能力に対する宇宙滞在の影響を解明したのは世界で初めて。

 大阪大学によると、研究グループは遠心機能が付いた小動物飼育装置を開発し、オスのマウス12匹を国際宇宙ステーション「きぼう」で35日間飼育したあと、地上に帰還させて精子の受精能力などを調べた。

 その結果、マウスの生殖能力や生殖器官に異常が見られなかったほか、体外受精で得られた帰還したマウスの子どもたちの成長、繁殖能力に宇宙滞在の影響が出ていないことを確認した。

 宇宙では重力や放射線量が地上と異なり、精神的なストレスになるとされているが、宇宙滞在が生殖能力や生殖器官に及ぼす影響についてはよく分かっていなかった。

 科学技術の急速な進歩や民間宇宙開発による低コスト化でだれもが宇宙旅行を楽しめる時代が来ようとしているが、研究グループは「この知見は将来、宇宙へ活動領域を広げる際、基礎的な知見の蓄積に貢献できる」としている。

論文情報:【Scientific Reports】Male mice, caged in the International Space Station for 35 days, sire healthy offspring

この記事が気に入ったらおねがいします。

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。