大阪大学産業科学研究所の能木雅也教授、大阪大学大学院工学研究科博士後期課程の春日貴章さんらの研究グループは、紙のセルロースナノファイバーで作ったIoTデバイスの開発に成功した。使用後、自然環境内に放置しても1カ月程度で土に還る特徴を持ち、回収の必要がない。

 大阪大学によると、研究グループは木材に由来する透明な紙のナノペーパーをIoTデバイスの基盤や情報収集用の湿度センサー、情報発信用のコンデンサー誘電層に応用、それら紙の電子部品を組み合わせてIoTデバイスの開発に成功した。土の中で総体積の95%以上が分解する。

 今回の開発は紙を材料にしたIoTデバイス実現のプロトタイプといえ、今後さらに高性能な土に還るIoTデバイスが実現すれば、生活を彩る草花のようにどこにでも設置でき、自然のサイクルと調和した環境モニタリングが可能になる。

 農業や製造業、医療の現場などあらゆる場所でさまざまな情報を収集し、多方面と接続することができるIoTデバイスは、欠かせない存在になりつつある。しかし、寿命を迎えたIoTデバイスの回収や電子ごみによる環境汚染が問題になると考えられている。特に、IoTデバイスは機能が向上するにつれて部品の数が増え、分解や廃棄処理の負担が大きくなるため、対応検討の必要性が高まっている。

論文情報:【ACS Applied Materials & Interfaces】Return to the Soil” Nanopaper Sensor Device for Hyperdense Sensor Networks

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。