連携協定を結ぶ北海道興部町と大阪大学先導的学際研究機構により、家畜ふん尿由来のバイオガスからメタノールとギ酸を製造できることがわかった。

 興部町は、2013年度にバイオマス産業都市に認定されて以降、バイオマスを活用した持続可能なまちづくりに取り組んでおり、バイオマスの嫌気性発酵で得られるバイオガスを有効活用するためのバイオガスプラントの導入を町として進めてきた。中でも基幹産業とする酪農業で得られる家畜ふん尿由来のバイオガスには約60%のメタンガスが含まれていることから、その活用の道を探ってきた。

 一方、大阪大学先導的学際研究機構のグループは、2018年に常温・常圧で空気とメタンからメタノールとギ酸を作り出すことに世界で初めて成功。この技術がバイオガスにも適用できることに着目し、両者は2019年6月、連携協定の締結に至った。

 協定締結後、町営の興部北興バイオガスプラントを中心に協議・試験を重ね、ついに今回、家畜ふん尿由来のバイオガスに含まれるメタンガスからメタノールとギ酸の製造に成功したと発表。これまで100%輸入に頼っていたメタノールの国内生産に道が開けたほか、ギ酸は乳牛の飼料であるサイレージ生産の際の添加剤として利用できることから、同町の酪農業の基盤整備にも寄与すると期待がかかる。

 興部町と大阪大学は今後、量産化技術の開発を進め、早期の社会実装を目指すとしており、本技術の実証により、バイオマスの有効活用推進が加速しそうだ。

参考:【北海道興部町】量産化への一歩!家畜ふん尿由来バイオガスからメタノールとギ酸の製造に世界で初めて成功! (PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。