実践女子大学は創立120周年記念および国文学科100周年記念企画として、2019年12月14日・15日、渋谷キャンパスにおいて国文学科公開講座講演会・シンポジウム「源氏物語、伝統と未来」を開催する。いずれも開演13:00(開場12:30〜)、参加無料、申込不要。

 12月14日に行われる講演会では、「源氏物語、古きが中に新しきあり」をテーマに同大学文学部教授で文芸資料研究所の横井孝所長が登壇。また実践女子大学からは白戸満喜子文芸資料研究所客員研究員も登壇する。龍谷大学から江南和幸教授、米国ダートマス大学からデニス・ワッシュバーン教授を迎え、源氏物語について様々な角度から講演を行う。

 12月15日のシンポジウムには井筒グループ代表、井筒與兵衛氏が「源氏物語の女房装束 -十二単をご覧いただきます-」というテーマで講演を行う。また中京大学小髙道子教授や御家流香道宗家三篠西堯水氏、能楽宝生流宗家の宝生和英氏も登壇する。

 併せて11月25日から12月15日にかけて、実践女子大学渋谷キャンパス120周年記念館にて、展示会「源氏物語の世界―実践女子大学所蔵貴重古典籍展―」も開催中である。同大学が所有してきた古典籍から『源氏物語』を中心とした重要とされる古典物が展示されている。

参考:【実践女子大学】国文学科公開講座「源氏物語、伝統と未来」を開催します(12/14、15)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。