追手門学院大学(大阪府茨木市)は、2021年4月より人工知能・認知科学を主とする理工系分野に進出することを発表した。心理学部心理学科に設置構想中だという。

 追手門学院大学心理学部心理学科は1966年の大学創立時から心理学教育・心理学研究に力を注いできた。関西の私立大学においては4番目の歴史を持ち、現在は50もの心理学の講義項目をカバーしている。

 今回設置構想中と発表されたのは、心理学部心理学科における人工知能・認知科学専攻だ。データサイエンスおよび人工知能(AI)を応用できる人材への需要が高まるなか、これまでの実績を土台として、分野ごとに専任教員を配置し、人の知能メカニズムとAIをつなぐ新しい理工系教育を目指す。

 カリキュラムは、AI(機械)の視点から「画像・映像メディア」、「言語メディア」、「機械学習・データサイエンス」の3分野を、認知科学(人)の視点から「思考・意思決定」、「身体性認知・制御」の2分野を設ける。基礎科目は「プログラミング演習」、「統計数学」など情報技術に関するもの、基幹科目は「画像・映像処理概論」、「機械学習アルゴリズム」など分野に応じたものを配置する予定。

 予定している入学定員は40人。入学者の選抜では、一般入試において数学と英語を必須とする。受験詳細に関しては、決まり次第、大学公式ホームページ「入試ナビ」上で発表していく。

参考:【追手門学院大学】入試ナビ

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。