一般社団法人ナレッジキャピタルと株式会社KMOは、世界に”OMOSHIROI(面白い)”を広める「World OMOSIROI Award 6th.」の受賞者を決定。授賞式は、2020年2月8日に開催される。

 「World OMOSIROI Award」は、ナレッジキャピタルの掲げる「OMOSIROI」の価値を世界に発信することを目的に、ナレッジキャピタルと関わりのある有識者から推薦された人の中から、未来を面白くする「人」を選出するアワード。選考基準は、「みんなの未来を面白くする人であること」「悦びや好奇心を加速させる創造の原動力であること」など、面白い活動やアイデアを持っているかどうか。6回目となるWorld OMOSIROI Awardでは、国内外251名の推薦者より推薦された79名の中から5名の受賞者が決定した。

 受賞した5名は、恐竜化石ハンターの小林快次氏(北海道大学総合博物館副館長・教授および大阪大学総合学術博物館招聘教授)、微生物×ウエアラブルの最新技術で女性を性感染症から守るデザイナーのジュリア・トマゼッロ氏(イタリア)、科学と技術とアートで社会にインパクトを与えるアーティストの福原志保氏、”してみたくなる”の謎を追う仕掛学の第一人者である松村真宏氏(大阪大学大学院経済学研究科教授)、3Dプリントデザイナーのユリア・コルナー氏(オーストリア)。

 2020年2月8日の授賞式では、受賞者5名がそれぞれの「OMOSIROI」について発表するプレゼンテーションやパフォーマンスが行れるほか、「世界基準のOMOSIROIとは?」と題した選考委員のトークセッション、一般来場者が受賞者や選考委員と交流することができる「WOAアフターパーティ」などを開催する。会場はグランフロント大阪北館 4階「ナレッジシアター」、入場無料。公式ウェブサイトより事前申し込みが必要。

 ナレッジキャピタルは、2013年4月、民間事業者主体で開業した、大阪市北区にある「グランフロント大阪」の中核施設。“「感性」と「技術」との融合により「新たな価値」を創出する活動体”として、知的な交流機会を参画者のみならず、一般生活者にも提供し、新たな“知の創造サイクル”を生み出すことを目的に活動している。

参考:【一般社団法人ナレッジキャピタル】World OMOSIROI Award

この記事が気に入ったらおねがいします。

北海道大学

歴史と伝統を継承しながら広く世界に優秀な人材を求め、人類の福祉、科学、文化及び社会の発展に寄与する

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」を教育研究の理念として掲げ、全学教育・専門教育を通じて専門的知識の習得と主体的かつ総合的な人材形成を図り、全人的な教育を身につけ、国際性豊かな人材を育成します。[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。