東京医科歯科大学の藤原武男教授らと東京工業大学の宮崎祐介准教授の研究グループは、国立成育医療研究センターとの共同研究で、乳児虐待に多い「揺さぶられ症候群」と「口塞ぎ」を予防するために厚生労働省と共同で作成した動画「赤ちゃんが泣き止まない」を母子保健行政に取り入れ、赤ちゃんへの揺さぶり・口塞ぎを52%まで激減させられることが分かった。

 児童虐待による死亡事例検証では、4分の1が虐待による頭部外傷で、その多くが乳幼児揺さぶられ症候群とされる。虐待の引き金になるのは乳児の泣きであり、泣きへの対処を教える動画によって予防できると考えられた。そこで、視聴者にとってインパクトのあるビデオによる効果検証を行う必要があった。

 日本のA市で検証を実施。こんにちは赤ちゃん事業等による、産後2ヶ月時の家庭訪問で厚労省が作成した動画「赤ちゃんが泣き止まない」を視聴させるという研究を行った。家庭訪問は助産師、保健師、トレーニングされたボランティアが実施した。

 4ヶ月健診時に、対象となった産婦に動画の視聴状況、虐待行為などについて質問紙で調査、合計で5961名の回答があった。解析の結果、動画を見た産婦は、乳児を揺さぶる割合が74%、口塞ぎの割合が43%、どちらかの乳児虐待は52%、低いことが分かった。

 乳児の泣きや、解剖学的なメカニズムに基づく揺さぶり・口塞ぎの危険性に関する教育的動画は、産後4ヶ月時の揺さぶり・口塞ぎを半減させる可能性があることが示された。今後もこんにちは赤ちゃん事業等で厚労省が作成した動画「赤ちゃんが泣き止まない」を全ての産婦に視聴させることで、虐待による頭部外傷を半減できる可能性があるとしている。

論文情報:【Child Abuse & Neglect】Effectiveness of using an educational video simulating the anatomical mechanism of shaking and smothering in a home-visit program to prevent self-reported infant abuse: A population-based quasiexperimental study in Japan

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

東京医科歯科大学

知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する国立医療系総合大学。

東京医科歯科大学は東京高等歯科医学校を母体に1946(昭和21)年に設立されました。現在では医学部、歯学部、大学院、研究所、附属病院などで構成される、医療系総合大学院大学です。特に歯学部は国立大学最古の歴史と伝統を有しています。設立以来人々の健康と社会の福祉に[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。