2020年5月19日、文部科学省は「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』制度を創設すると発表した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより、学生生活の継続に支障をきたす学生等を緊急に支援する。

 文部科学省によると、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』は、国公私立大学(大学院や留学生も含む)・短期大学・高専・日本語教育機関を含む専門学校に在籍し、アルバイト収入等で学費等を賄い、新型コロナウイルスの影響で収入が減少し、修学継続が困難になっている学生を対象とする。支給額は住民税非課税世帯の学生は20万円、それ以外の学生には10万円で、日本学生支援機構を通じて約43万人に約530億円規模で実施する。

 支給までは、学生が大学等に申請して審査を受け、大学等が日本学生支援機構にリストを提出、日本学生支援機構から学生に振り込むという流れで行われる。

参考:【日本学生支援機構】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の創設について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。