名古屋市立大学の青柳忍准教授は高輝度光科学研究センター(JASRI)、広島大学と共同で、世界で初めて水晶振動子の振動機構を解明しました。水晶振動子は時計など身の回りの様々な機器に利用されているものの、その動作原理は良く分っていませんでした。

 水晶は地球上に豊富に存在するケイ素と酸素から成る物質です。アクセサリなどに用いられるほか、電子機器など様々なところで用いられています。電子部品としての重要な性質は極めて安定した周波数の電気信号を発することで、時間を計るのに欠かせない部品となっています。広く使われているにもかかわらずなぜそのような安定した信号が出るのかは良く分らないままでした。

 水晶中のケイ素原子と酸素原子はそれぞれプラスとマイナスの電気を帯びています。この水晶に電圧をかけると、ケイ素イオンと酸素イオンが逆方向に互い違いに振動することで電気信号を発していると考えられてきました。しかしケイ素と酸素の間の化学結合は強く、このような振動が可能なのか疑問が残っていました。この謎を解明するためには原子の動きを直接観測することが必要ですが、水晶の動きは非常に小さいためこれまでの測定方法では困難でした。グループは水晶の振動の周期と電圧をかける周期をそろえることでこの動きを増幅することに成功しました。お寺の鐘を規則正しく押せば、指一本でも大きな揺れを起こせるのと同じ原理です。これによって中の原子の動きを直接測定ができるようになったのです。その結果、原子同士が互い違いに振動するのではなく、化学結合の向きが変わるように振動していることが明らかになりました。

 水晶が電気信号を発する仕組みが明らかになりましたが、グループによるとこの原理を使って原子の運動エネルギーを効率よく電気エネルギーに変換する技術に応用できる可能性があるそうです。今後は革新的な発電方法につなげることができないかを探索していくとしています。

広島大学

自らの人生をデザインするための学び。知を創造する世界トップ100の大学へ

「自由で平和な一つの大学」という建学の精神を継承し、「平和を希求する精神・新たなる知の創造・豊かな人間性を培う教育・地域社会・国際社会との共存・絶えざる自己変革」の5つの理念の下、11学部11研究科を擁する総合研究大学。教育力・研究力を両輪とした大学改革を推進[…]

名古屋市立大学

次世代をリードする優れた人材の育成、国際的・学際的研究に精力的に挑戦

医学部・薬学部からなる公立大学として開学し、現在は7学部7研究科からなる都市型総合大学。2016年には経済学研究科「医療経済マネジメントコース」、2017年には医学研究科「臨床医療デザイン学分野」、人間文化研究科「臨床心理コース」が開設され、新たな学術分野を切[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。