神戸大学と大阪大学は、2015年に発見した「ネオ・セルフ抗体」が不育症の女性に高頻度に検出されることを見出した。

 不育症とは、妊娠することはできるが流産や死産を繰り返し、元気な赤ちゃんを産むことができない病気をいう。日本では推計140万人の不育症患者がいると考えられているが、その半数以上で原因がわからない。

 神戸大学と大阪大学は、血栓症や流産、妊娠高血圧症候群などを引き起こす「抗リン脂質抗体症候群」の原因となる全く新しい自己抗体「ネオ・セルフ抗体」を2015年に発見した。流産を繰り返す不育症の症状は、抗リン脂質抗体症候群と共通していることから、今回、不育症とネオ・セルフ抗体の関係を明らかにするための臨床研究を行ったという。

 神戸大学を中心とした全国5つの大学病院において外来を受診した不育症女性227人について、ネオ・セルフ抗体を測定した。その結果、52人(23%)がネオ・セルフ抗体陽性となり、この頻度は、子宮形態異常、甲状腺機能異常、染色体異常といった他の不育症原因よりも最も高かった。さらに、227人の女性のうち過半数の121人は、従来の検査を行っても不育症原因がわからなかったが、そのうちの24人(20%)でネオ・セルフ抗体が陽性となった。つまり、ネオ・セルフ抗体が不育症を起こす重要な原因になっている可能性が示唆された。

 今後、ネオ・セルフ抗体の研究により、不育症の発症メカニズムの解明が期待される。また、本研究グループでは、ネオ・セルフ抗体の産生を抑えたり、その働きを阻害したりするような薬剤の開発も視野に入れているといい、少子高齢化問題の解決につながる可能性がある。

論文情報:【Arthritis & Rheumatology】The β2-glycoprotein I/HLA-DR complex is the major autoantibody target in obstetric antiphospholipid syndrome

この記事が気に入ったらおねがいします。

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。