九州大学五感応用デバイス研究開発センターの安松啓子特任准教授と二ノ宮裕三特任教授らの研究グループは、マウスの舌の味細胞に、糖と人工甘味料の違いを伝えるセンサーと神経があることを発見した。

 炭水化物に含まれる糖類は、唾液アミラーゼや味細胞膜にある二糖類分解酵素によってグルコース(ブドウ糖)となる。今回、本グループの調査で、グルコースに応答するセンサーがマウスの舌の味細胞にあり、その細胞につながって他の味との違いを伝える神経が存在することがわかったという。

 研究報告によると、マウス舌の鼓索神経には、ナトリウム-グルコース共輸送体(SGLTs)を特異的に発現する甘味細胞とつながる神経が全ての甘味神経のうち約3割存在。これらの神経が糖類を検出しているとみている。これらの神経のグルコース応答は、NaCl(塩)を添加すると増強し、SGLTs阻害剤のフロリジンを投与すると抑制された。また、人工甘味料には応答しなかった。

 一方、他の甘味神経のうち約3割は、人工甘味料に応答する神経で、フロリジンが効かず、甘味うま味受容体T1R3を発現しないように遺伝子操作したT1R3-KOマウスでは応答が見られなくなった。残りの約4割は、人工甘味料とグルコースの両方に応答し、フロリジンでグルコース応答が抑制された。

 このことから、SGLTsを特異的に発現する甘味細胞とつながる神経は糖類を検出し、それ以外の甘味細胞とつながる神経は多種の甘味物質(甘味全般)の情報を脳に伝えることが示唆された。

 本成果により、糖が口腔内の味覚器により感知されるシステムが存在することが明らかとなった。本研究者らは以前に、マウスが糖と人工甘味料を区別できることを報告していたが、今回見つかったSGLTsとその味を伝える特異的な神経の働きによるものと考えられる。

 今後は、消化吸収や血糖コントロールへの味覚の関与と、糖に対する美味しさや嗜癖のメカニズムの解明を進めたいとしている。

論文情報:【Acta physiologica】Sodium-glucose cotransporter 1 as a sugar taste sensor in mouse tongue

この記事が気に入ったらおねがいします。

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。