文部科学省は2021年度入試で各大学が実施する新型コロナウイルス感染拡大防止策や試験実施上の配慮などについてまとめ、ホームページ上で公表した。提出物の内容や大学入学共通テストの成績で合否判定する大学があるほか、別日程への受験日振替を認めるなど感染防止に工夫を凝らした事例が並ぶ。

 文科省によると、横浜国立大学は一般選抜で学内試験場での試験実施を見送る。教育学部は出願要件を大会出場の実績や順位でなく、スポーツなどの成果とし、小論文、面接、実技をそれらに相当する提出物で代替する。経済学部、経営学部、理工学部、都市科学部は個別学力審査を大学入学共通テストの成績に替える。

 大妻女子大学は家政学部、文学部、社会情報学部、人間関係学部の一般入試の個別学力審査で新型コロナに感染した受験生に対し、追加の受験料を徴収せず、別日程での受験を認める。総合型選抜や学校推薦型選抜では、追試験の実施や入学検定料を返還を予定している。

 京都大学は総合人間科学部、文学部、教育学部、法学部の一般選抜で高校の教科書に発展的な学習内容と記載される問題について設問中に必要な説明を加えるなどして出題する。

 京都外国語大学は外国語学部と国際貢献学部の一般選抜で英語のリスニングテストを中止する。

参考:【文部科学省】令和3年度大学入学者選抜での新型コロナウイルス感染症対策に伴う各大学等の試験期日及び試験実施上の配慮等の対応状況について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。