東京電機大学と株式会社関電工は、2020年10月14日、レジリエンス向上に関する共同研究プロジェクトの設立に向けた包括的産学連携協定を締結した。今後はレジリエンス向上に関する共同研究を進めていくとともに、相互に持つ技術の連携を図り、BCP(事業継続計画)やレジリエンス向上に資する人材育成の分野において協力する。

 東京電機大学はレジリエントスマートシティ研究所(所長:小林亘教授)を構え、主に情報技術を積極的に活用したレジリエンスに関して、より実践的な視点を重視した研究プロジェクトを推進している。これまでにも幅広い研究者の参画を募り、防災・減災について多くの自治体と研究開発の社会実装を積極的に行ってきた。

 関電工は、総合設備企業として電力の安定供給や顧客設備の維持を社会的使命として担っている。自然災害が激甚化する今、生活に欠かせない電気設備やインフラ設備を災害後いち早く復旧して地域社会に貢献できるよう、さらに高効率で実効性のある仕組みの構築が課題となっている。

 こうした関電工の課題に東京電機大学の知見を活かし、情報技術を積極的に活用した災害復旧の効率化を目指す共同研究プロジェクトを設立する。プロジェクトでは気象情報や地図情報など災害復旧に有益と考えられる情報をもとに効率的な災害復旧計画を作成。そこに現地復旧で得られた情報を集約し、自治体に最新の情報を提供していくなどの体制構築を行う。

 プロジェクトは今後、さらに検討を重ねてより詳細な研究テーマを立案し、2021年度より3年計画で実施していく予定。

参考:【東京電機大学】関電工と東京電機大学が包括的産学連携協定を締結

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。