二松学舎大学と株式会社マクロミルは、「国内における食品購買に関する実態調査-新型コロナ禍で伸長するレトルトカレー市場の動向を中心として-」の報告書をリリースした。二松学舎大学の小具龍史准教授が担当する株式会社マクロミルと二松学舎大学の産学連携による講座「経営実践B」の中で実施した調査研究の分析結果となる。

 2020年5月~7月に実施された今回の講座では、ハウス食品グループの協力を得て、国内のレトルトカレー市場と企業の課題について考えるオンライン形態によるPBL授業を実施した。その一環として、レトルトカレーに対する消費者の購買行動や喫食の状況、商品に対する評価や要望などについてマクロミルモニターを対象にインターネット調査を実施した。

調査の結果、「レトルトカレー」の1年以内の購入割合は、全体で56%を占め、購入率は「ハウス食品」が最多だった。また購入チャネルは年代、地域問わず「スーパー」が大多数を占めた。購入の際に重視する点は、「価格」「自分好みの味」「辛さ」が上位3要素で特に高い結果となった。この度の調査データは、今後の市場や企業の方向性などを検討する実証的な材料として、実際に講座の中でも活用された。

参考:【PR TIMES】株式会社マクロミルと二松学舎大学が「国内における食品購買に関する実態調査-新型コロナ禍で伸長するレトルトカレー市場の動向を中心として-」報告書をリリースしました。~株式会社マクロミルと二松学舎大学小具龍史准教授との産学連携講座による調査結果報告書~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。