中京大学総合政策学部でマーケティングや商品企画を専攻する坂田隆文ゼミの学生は、知的財産を活用しモノづくりに挑んでいる塗料メーカー、株式会社五合からの依頼を受け、キャンププレートの商品を企画した。同社は水だけで汚れを流し落とせる塗料「ゼロクリア」で特許をとっており、既に東京の地下鉄駅、大手家電メーカー洗濯機のドラムでそれが採用されているというB to B企業である。

 「B to Bを本業にしてきた会社の技術を使ってB to C商品を企画できないか」という依頼を受けた坂田ゼミの学生たちはゼロクリアを用いたB to C商品のアイデアを3,139個も考え、その中でも最も同社の技術を活かせる商品としてキャンププレートの提案を行った。今回開発された「Earth Gear」(商標取得済み)はキャンプに訪れたキャンパーたちが「環境を汚染することなく使用した食器を洗える」という特長をもっており、320人を対象としたアンケートでも83%が「是非使いたい」「使いたい」という回答をしている。

 2020年11月に発売される同商品の販路を広げるべく、現在、坂田ゼミの学生たちは新型コロナウイルスへの感染対策を万全にとりながら、株式会社五合の社員とともに大手量販店やキャンプグッズ店などへの営業に同行している。また、特設インスタグラムを開設し、プロモーション活動も行っている。

参考:中京大学総合政策学部 坂田隆文ゼミ

中京大学

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び」[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。