文部科学省は大学教育のデジタル化を目指すデジタライゼーション・イニシアティブの公式ウェブサイト、Scheem-D(スキーム・ディー)を開設した。デジタル技術を上手に活用し、学びを深化させることで圧倒的に高い学修成果を目指すためのもので、公式ホームページを通じて授業のアイデアや結果を発信する。

 文科省によると、公式ホームページではデジタライゼーション・イニシアティブの狙いと背景を説明するとともに、大学教員やデジタル技術者が募集したアイデアに応募した提案者がライブ配信で概要を説明する。

 提案が採用されたアイデアについては、実際の授業でどう活用し、結果がどう出たのかが大学教員から報告される。こうした結果を積み重ねることで授業を改善するための知見を蓄積し、好事例を海外に発信して日本の大学の質の高さをアピールする。

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機に大学の授業がオンライン中心となる中、最新のデジタル技術を活用してより学修効果の高い授業を求める声が高まっている。公式ホームページの開設には、まだあまり知られていないデジタライゼーション・イニシアティブについて周知するとともに、新しいアイデアを集める拠点にする狙いがある。

参考:【文部科学省】大学教育のデジタライゼーション・イニシアティブ(Scheem-D)公式ウェブサイトについて

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。