学校法人慶應義塾は学校法人東京歯科大学からの申し入れを受け、2020年11月26日の評議員会において、東京歯科大学歯学部の統合と法人合併の協議開始を決定、発表した。統合と法人合併は2023年4月を目途とする。慶應義塾大学は日本で初めて医療系4学部(医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部)を擁する総合大学となる。

 東京歯科大学は、創設者の高山紀齋、建学者の血脇守之助がともに慶應義塾出身。2020年に創立130周年を迎える。今回、機関決定を経て2020年11月6日に慶應義塾に対し歯学部の慶應義塾大学への統合および法人の合併を申し入れた。

 慶應義塾はこの統合および法人合併により、医歯連携、医理工連携の強化・発展、慶應義塾が有する先端的なテクノロジーの歯学への応用などによって、総合大学としての研究力・教育力の向上を掲げる。また日本の総合大学としては初めて医療系4学部(医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部)が揃うことで学際的な研究・教育の推進によって、健康長寿社会の実現に大きく貢献できるだけでなく、慶應義塾の一貫教育校の生徒の進路選択の幅も広がるとしている。

参考:【学校法人慶應義塾】学校法人慶應義塾と学校法人東京歯科大学 東京歯科大学の歯学部の慶應義塾大学への統合および法人の合併について協議開始(PDF)

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。