静岡大学理学部地球科学科 北村晃寿教授らは、先史時代の津波堆積物の調査がされていなかった静岡県中・東部の海岸低地を調査し、その結果、静岡県の過去4,000年間の地層・地質記録には最大クラス(レベル2)の津波の発生の証拠がないことを明らかにした。

 2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震が発生し、東北地方では20mを超える日本観測史上最大の津波を観測。甚大な被害をもたらすこととなった。しかし、この巨大津波の発生前、宮城県や福島県の沿岸地域では津波堆積物の存在から、西暦869年にも大津波(貞観津波)が発生したことが分かっており、しかも、これらの地域に大津波が再来する可能性があることも指摘されていた。

 国は、このことを教訓に、南海トラフで起こる巨大地震に伴う「あらゆる可能性を考慮した最大クラス(レベル 2)の津波の高さ」を公表。静岡県下田市・南伊豆町沿岸は25mもの津波が予想さえるレベル2に想定され、その結果、静岡県沿岸地域では人口流出、地価下落、観光客の減少といったネガティブな事態が起きているという。こうした現状をうけ、北村教授らは、先史時代の津波堆積物の調査がされていなかった静岡県中・東部の海岸低地を調査し、東北地方太平洋沖地震の津波堆積物の分布と比較した結果、静岡県では、過去4,000年間にレベル2の津波が発生したこを示す地質学的証拠がないことを確認。

この研究成果をもとに、今後、レベル2の津波の想定の見直しや防災計画に役立てることが期待されている。研究論文は、日本地球惑星科学連合の刊行する”Progress in Earth and PlanetaryScience”で無料で閲覧可能。

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、6学部1教育プログラムを擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点として、世[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。