東京都墨田区は、墨田区文花地区で2020年4月に学校法人電子学園が運営する情報経営イノベーション専門職大学が開学し、2021年4月に千葉大学の墨田サテライトキャンパスが開設されるのを機に、電子学園、千葉大学と包括連携協定を結んだ。

 千葉大学によると、包括連携協定は教育・研究に関する人的資源の交流、知的・物的資源の相互活用、地域産業の活性化、学習支援事業の推進などを目的としている。

 墨田区内にはこれまで、大学がなかったが、情報経営イノベーション専門職大学の開学と千葉大学墨田サテライトキャンパスの開設で同じエリアに2つのキャンパスが出現することになった。墨田区は既に電子学園、千葉大学と個別の包括連携協定を結んでいるが、3者であらためて包括連携協定を締結することにより、大学があり、学生がいる街づくりを3者連携で進める方針。

 情報経営イノベーション専門職大学と千葉大学墨田サテライトキャンパスにはさまれた区有地を地域と大学の交流広場「キャンパスコモン」として3者で整備しているほか、3者に近隣の関係団体を加えて構成する公民学連携プラットフォーム「アーバンデザインセンターすみだ」を4月に設立し、本格的な街づくりに乗り出す。

参考:【千葉大学】”大学の知”を地域の力に!墨田区・千葉大学・電子学園が包括連携協定を締結

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。