龍谷大学は、現在の文学部臨床心理学科を改組し、2023年4月、10番目の学部として「心理学部」の開設を予定している。

 現在、龍谷大学では長期計画「龍谷大学基本構想400―2039年 創立400周年を超えた未来に向けて―」(略称:構想400)に基づき、さまざまな取り組みを進めている。今回の心理学部の設置もその一環で、特に第1期中期計画(2020~2023年度)の主要事業となる。

 現在、多くの人々は精神的・心理的な安定を求めながらも、それを実現し維持することが困難な状況に置かれ、専門的な支援による心理的困窮からの回復に対する期待や要請が高まっている。こうした社会的な期待・要請に積極的に応えるべく、龍谷大学は新たに心理学部を開設する。

 カリキュラムとしては、母体となる文学部臨床心理学科での実績を基盤に、「臨床心理学」における実践的スキルを基礎に「社会と向き合い、人を支える心理学」を学べるよう整備。また、国家資格である公認心理師、臨床心理士といった心理専門職の資格取得を目指す人にも対応した教育を実施する。これらを通じて心理学を基礎とする「対人支援のコミュニケーション・スキル」を身につけて幅広い分野で活躍できる人間を育成する。

 心理学部の入学定員は255人、編入学定員(3年次)10人、収容定員1,040人。1・2年次は深草キャンパス、3・4年次は大宮キャンパスで学ぶ。

参考:【龍谷大学】龍谷大学心理学部(仮称)特設サイト

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。