コラム一覧

2029年、鎮魂・復興の「能登半島一周駅伝」を 金沢星稜大学 大久保 英哲学長

2024年1月1日、能登半島を襲った震度7の大地震。マグニチュードは7・6と推定され、建物の損壊が多発し、火災や津波、隆 […]

首都圏でも年内入試の0期入試化が起きる?

総合型選抜・学校推薦型選抜の年内入試の多くが専願での受験を求めています。志望度が高い受験生を想定した選抜方式なので当然か […]

産業用大麻の安全性のアピールと、新産業創出のための研究拠点を――三重大学神事・産業・医療用大麻研究プロジェクト

カーボンニュートラルやCO2削減に向けた取組が様々な分野で進む中、ゴールドラッシュならぬ《グリーンラッシュ》の機運が世界 […]

大学にとっての「改正障害者差別解消法」とは?

開かれた大学等として価値や魅力を高める  障害者の権利擁護に向けた政府の取組が進展している。令和6年4月には改正障害者差 […]

国公立 理工系・情報系の学部別女子比率ランキング。今後大学入試に「女子枠」の新規導入が進む中、どの大学が成果を出すのか?

 国立大学の理工系・情報系学部を中心に「女子枠」の新規導入が進んでいます。「女子枠」のはじまりは、名古屋工業大学工学部の […]

【16歳からの大学論】生成系AIに問う「大学の意味」とは

この原稿を書いている4月上旬は、大学入学の時期でもあります。今年度も多くの新入生が期待に胸を膨らませ、日々、キャンパスに […]

2024年4月、城西国際大学の新学長に倉林眞砂斗氏が就任。国際化を深化させるとともに、2025年度には健康科学部を新設へ

城西大学(埼玉県坂戸市)の姉妹校として、1992年に千葉県東金市に設立された城西国際大学。城西大学の創立者である水田三喜 […]

第13回 科学の甲子園全国大会 神奈川・栄光学園が大会初の連覇を達成 ――チームの団結力で通算3度目の総合優勝

第13回科学の甲子園全国大会(科学技術振興機構主催、茨城県など共催)が、3月15 ~18日の4日間、つくば市のつくば国際 […]

「細胞死」のまだ秘められた謎を解く――37兆個の細胞が織りなす細胞社会、それを解明する細胞社会学のこれまでとこれから

2003年に「ネイチャー・イミュノロジー」、2006年に「ネイチャー」、そして2011年には「米国科学アカデミー紀要(P […]

これからの大学再編について考える ―韓国の事例に基づいて

大学の「生物学的多様性」とは  研究者は、自分の専門分野を説明する際に例えを用いることが多々あります。私が大学を説明する […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 40