大学院研究科一覧
総合科学研究科地域創生専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数54名
総合文化学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数10名
理工学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数180名
農学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数50名
教育学研究科教職実践専攻 (専門職学位) 昼間部 定員数16名
理工学研究科自然・応用科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数6名
システム創成工学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数9名
デザイン・メディア工学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数3名
獣医学研究科共同獣医学専攻 (博士一貫制) 昼夜開講制 定員数5名
岩手大学大学院連合農学研究科生物生産科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数9名
生物資源科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数8名
地域環境創生学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数7名

問い合わせ先・住所など
郵便番号020-8550
住所岩手県盛岡市上田3丁目18-8
部署名学務部入試課
電話番号019-621-6064
岩手大学大学院連合農学研究科
郵便番号020-8550
住所岩手県盛岡市上田3丁目18-8
部署名連合農学研究科 連合大学院グループ
電話番号019-621-6247

その他
備考※岩手大学大学院連合農学研究科は、岩手大学・弘前大学・山形大学との連合大学院
公式ページhttps://www.iwate-u.ac.jp/

岩手大学の記事一覧

岩手大学が2025年4月に理工学部と農学部を再編、獣医学部新設の計画を発表

 岩手大学は、2025年度の理工学部・農学部の改組と獣医学部の新設計画を発表した。理工学部と農学部を改組し、農学部共同獣 […]

ネコにマタタビを与え続けても健康被害はなし 効果的なスプレー商品も開発

 岩手大学、名古屋大学、英国リバプール大学らの共同研究で、マタタビをネコに与えても依存性やストレス誘発性は見られず、また […]

音波振動で動物の妊娠環境を瞬時に作り出す技術、岩手大学と動物繁殖研究所が開発

 岩手大学の金子武人准教授、動物繁殖研究所からなる研究グループは、研究用動物のマウスの妊娠環境を、音波振動で瞬時に作り出 […]

ヤンバルクイナなど国内絶滅危惧鳥類からiPS細胞を世界で初めて樹立

 国立環境研究所、岩手大学、猛禽類医学研究所、NPO法人どうぶつたちの病院沖縄、岐阜大学を中心とするグループは、独自に開 […]

ネコがマタタビをなめたりかんだりする理由、岩手大学などが解明

 岩手大学は、名古屋大学、英国リバプール大学との共同研究で、ネコのマタタビ反応に特徴的なしぐさとして見られる葉を舐めたり […]

岩手大学の記事一覧