大学院研究科一覧
人文公共学府人文科学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数34名
公共社会科学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数9名
人文公共学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数15名
専門法務研究科法務専攻 (専門職学位) 昼間部 定員数40名
教育学研究科学校教育学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数59名
高度教職実践専攻 (専門職学位) 昼夜開講制 定員数20名
融合理工学府数学情報科学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数74名
地球環境科学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数81名
先進理化学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数222名
創成工学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数117名
基幹工学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数150名
数学情報科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数9名
地球環境科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数15名
先進理化学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数32名
創成工学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数18名
基幹工学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数17名
情報・データサイエンス学府 ※2024年4月 新設情報・データサイエンス専攻 (博士後期) 昼間部 定員数10名
園芸学研究科環境園芸学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数125名
環境園芸学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数28名
医学薬学府医科学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数27名
総合薬品科学専攻 (修士) 昼夜開講制 定員数50名
先端創薬科学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数15名
先進予防医学共同専攻 (博士一貫制) 昼夜開講制 定員数10名
先端医学薬学専攻 (博士一貫制) 昼夜開講制 定員数148名
看護学研究科看護学専攻 (博士前期) 昼夜開講制 定員数40名
看護学専攻 (博士後期) 昼夜開講制 定員数15名
総合国際学位プログラム総合国際学位プログラム (修士) 昼間部 定員数5名
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科学校教育学専攻 (博士後期) 昼間部
大阪大学大学院連合小児発達学研究科小児発達学専攻 (博士後期) 昼夜開講制

問い合わせ先・住所など
郵便番号263-8522
住所千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
部署名
電話番号043-251-1111(代表) ※問合せは各研究科

その他
備考※各研究科の問合せ先
【人文公共学府】人社系学務課大学院学務室 人文公共学府担当 043-290-2355
【専門法務研究科】人社系学務課大学院学務室 専門法務担当 043-290-2349
【教育学研究科】教員養成系学務課入試係 043-290-2515
【融合理工学府】理工系学務課理学部学務係 043-290-2880(数学情報科学(数学・情報数理学)、地球環境科学(地球科学)、先進理化学(物理学、化学、生物学))/理工系学務課大学院学務係 043-290-3886(前記以外)
【園芸学研究科】松戸地区事務課学務室大学院担当 047-308-8714
【医学薬学府】亥鼻地区事務部学務課大学院係 043-226-2862(薬学領域)/043-226-2009(医学領域)
【看護学研究科】亥鼻地区事務部学務課大学院係 043-226-2450(看)
【総合国際学位プログラム】人社系学務課国際教養系学務室総合国際学位プログラム担当 043-290-3621

※東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科は、東京学芸大学・千葉大学・埼玉大学・横浜国立大学との連合大学院
※大阪大学大学院連合小児発達学研究科は、大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学との連合大学院

※2024年度入学の情報です。
新増設・改組などの内容が含まれています。
公式ページhttps://www.chiba-u.ac.jp/

千葉大学の記事一覧

高齢者の死亡リスク、持ち家が最も低く、次いで公的賃貸住宅

 千葉大学予防医学センターの花里真道准教授と東京大学先端科学技術研究センターの古賀千絵特任助教が高齢者約4万4,000人 […]

千葉大学と墨田区、印刷2社による技術継承の共同研究が印刷学会奨励賞を受賞

 東京都墨田区と千葉大学、印刷のサンコー、日光プロセスが進めたAI(人工知能)による印刷職人技術継承の共同研究が、日本印 […]

千葉大学、4年間で外国人留学生100人以上を学校へ派遣

 千葉大学インターカルチュラル・スタディセンターは2019年度に始めた「千葉大学インターナショナル・フレンドシップ・プロ […]

能登半島地震、東京大学などが学術研究船で緊急調査航海へ

 海洋研究開発機構と東京大学地震研究所、北海道大学理学研究院、京都大学防災研究所などの共同研究チームは、海洋研究開発機構 […]

生物は四季の間で進化するか? 千葉大学が季節変化に伴うハエの進化を発見

 千葉大学とかずさDNA研究所のグループは、ショウジョウバエがたった半年の季節間で急速な進化をしていることを見出した。

千葉大学の記事一覧