大阪大学の記事一覧

大阪大学が国内初のサステナビリティボンド、28日発行へ

 大阪大学は第1回国立大学法人大阪大学債券となるサステナビリティボンドを28日に発行する。大学債の発行は国立大学法人で東 […]

難病・希少疾患患者が苦しむ診断の遅れ 課題は“可能性を疑う姿勢”か 大阪大学

 診断が難しい「難病・希少疾患」に罹患した患者は、正しい診断を得るまでに平均で4~9年を要するとも言われ、“Diagno […]

放射性廃棄物が放出するガンマ線を活用した発電技術を開発 中部大学と大阪大学

 中部大学と大阪大学の共同研究チームは、放射線の一つである「ガンマ線」を用いた簡便な方法で発電する新技術を開発した。この […]

THE世界大学ランキング日本版2022発表、東北大学が3年連続のトップ

 イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE)」は2022年3月24日、「THE世界 […]

「絶食時」と「老化時」に同様のメカニズムで肝脂肪症が進む 大阪大学が発見

 大阪大学のグループは、絶食により脂肪組織のオートファジー(細胞内の不要な構造物の分解機構)が活性化することで、肝臓での […]

顔の下半分にぱっちりした目、大阪大学が赤ちゃんのかわいさ解明

 顔の下半分にぱっちりとした目があり、顔全体に丸みがあることが日本人の赤ちゃんのかわいさであることを、大阪大学大学院人間 […]

新型コロナ、東京五輪選手村の陽性者いない区域でも検出

北海道大学大学院工学研究院の北島正章准教授、大阪大学感染症総合教育研究拠点の村上道夫特任教授、東京大学大学院工学系研究科 […]

新型コロナによるパンデミックは子どもたちの社会性に影響したか

 新型コロナウイルスによるパンデミックでは、家にいることや人ごみを避け他者との距離を置くこと(ソーシャルディスタンス)が […]

朝食抜き、毎日飲酒、喫煙などの生活習慣で「抗肥満作用」が低下か 大阪大学

 大阪大学の研究グループは、抗肥満作用をもつ因子として知られる線維芽細胞増殖因子(FGF)21の血中濃度と生活習慣との関 […]

子宮頸がん検診の細胞診異常率、2000年度生まれで上昇 大阪大学

 2000年度生まれの女性が20歳のときに受けた子宮頸がん検診で細胞診異常率が1999年度生まれ以前の女性に比べ、上昇し […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 35