がん治療の記事一覧

がん患者の健康・医療データを自動連結して一元化するDX技術開発が産学連携で開始

 がん患者の抗がん剤による有害事象や健康に関わる生活情報、調剤情報および診療情報を個人レベルで自動的に連結するICT基盤 […]

がん治療を研究する若手研究者への助成事業継続のため、がん集学財団がクラウドファンディング開始

 公益財団法人がん集学的治療研究財団では、がん治療の研究をしている若手研究者、500以上の研究に対して助成金の進呈をする […]

がん手術の術前準備「プレハビリテーション」に関するガイドブックと動画を産業医科大学が公開

 産業医科大学では、2021年2月に「手術日までの過ごし方を、がん手術を待つ多くの患者さんへ」というクラウドファンディン […]

犬の腫瘍で特定酵素が過剰発現、東京大学が免疫療法臨床試験

 東京大学大学院農学生命科学研究科の池田凡子博士課程学生、西村亮平教授らの研究グループは、犬の腫瘍で組織内の免疫細胞にI […]

フキノトウの成分ががん細胞の増殖と転移を極めて強く抑制 岐阜大学発見

 フキノトウに含まれる「ペタシン」ががんの増殖と転移を強く抑制することを、岐阜大学のグループがシーシーアイなどとの共同研 […]

慶應義塾大学と国立がん研究センター、全ゲノム解析によってスキルス胃がんの治療標的を同定

 国立がん研究センターと慶應義塾大学は、難治性であり、かつ病態解明が困難であるスキルス胃がんについて、腹膜播種による腹水 […]

男性のがん悪液質に男性ホルモン補充療法が有効、金沢大学が発見

 金沢大学の溝上敦教授、泉浩二講師らの共同研究グループは、男性の進行がん患者に男性ホルモンの一つ、テストステロンを投与す […]

抗癌剤キイトルーダとオブジーボの共同研究比較、立命館大学が実施

 立命館大学の児玉耕太准教授らの研究チームは、抗癌剤の研究開発において企業間取引が活発に実施されており、低分子化合物およ […]

がん既往者、身体機能低下の継続的サポートが必要

 藤田医科大学医学部の太田充彦准教授、李媛英助教、八谷寛教授と国立がんセンターの研究グループががん既往のある労働者とない […]

ブリストル マイヤーズ スクイブが京都大学に55億円を寄付「日本のがん研究を支援」

  バイオファーマ製薬企業のブリストル マイヤーズ スクイブは、2021年1月27日、京都大学に総額55億円(約5,30 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 8