がん治療の記事一覧

肺がんの免疫療法 「効きにくさ」の原因解明、新たな治療戦略に期待

 名古屋大学の西川博嘉教授らのグループは国立がん研究センターと共同で、肺腺がんの約半数に認められる上 […]

液体のりの主成分を用いた「スライムの化学」でがん治療効果の向上に成功

 東京工業大学と京都大学の研究グループは、「スライムの化学」を利用して、第5のがん治療法として注目さ […]

抗がん剤が有機半導体材料になる、京都大学がDNA結合剤の新機能開拓

 京都大学の崔旭鎮博士課程学生(現:韓国 POSTECH研究員)、関修平教授らのグループは、米国イリ […]

簡便な血清バイオマーカーで肺がん免疫チェックポイント療法の効果を予測

 川崎医科大学、長崎大学、広島大学、東京大学、理化学研究所の共同研究により、非小細胞肺がんに対する免 […]

悪性黒色腫に対する最新ウイルス療法の臨床試験開始 信州大学と東京大学

 信州大学と東京大学の研究グループは、悪性黒色腫の患者を対象に、安全性と有効性の評価を目的とした第Ⅰ […]

再発乳がんがゲノムの立体構造を操り死を克服する仕組みを解明

 乳がんは、女性の部位別罹患率第1位のがんであり、その患者数は増加傾向にある。  乳がんの約7割はE […]

がんのエネルギー産生の仕組みを解明 「鬼の目」を閉じる治療法開発に期待

 多くのがんに共通する変化として、核小体の肥大化が挙げられる。細胞にはDNAを包む核があり、その中に […]

がん手術後の炎症を抑える粒子状の被覆材 鹿児島大学などが開発

 物質・材料研究機構と鹿児島大学の研究グループは、消化管がん治療後の傷をふさいで組織の再生を促す新た […]

ピロリ菌除菌後の正常に見える上皮細胞が癌由来であることを解明 広島大学

 胃癌の主な原因は、ヘリコバクターピロリ菌(Helicobacter pylori:Hp)の感染であ […]

水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制、慶應義塾大学が発見

 慶應義塾大学の齋藤義正准教授らの研究グループは、胆道がん培養細胞を用いて薬物スクリーニングを行うこ […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 7