がん治療の記事一覧

全く新しいステントを開発、ガン患者の苦痛を緩和

 東京都立産業技術研究センターは、東京医科大学、福井大学、慶應義塾大学と共同で、世界初の機能を持つ「ステント1」を開発。 […]

患者由来の物質利用し、がん転移先に効率よく届く核酸医薬 福岡大学が発表

 福岡大学薬学部薬物送達学の櫨川舞准教授らの研究グループは、「転移がんへの特異的集積性」、「細胞膜透過性の向上」、「安全 […]

2020年度のがん切除数が大幅減、コロナ禍が影響か 横浜市立大学が調査

 新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行した2020年度、国内のがん切除数が大幅に減少したことが、横浜市立大学附属病院 […]

癌を助ける非癌細胞が、免疫を阻害する“協力者”を呼び寄せる 岡山大学

 岡山大学の河合穂高助教とメイ ワト ウ大学院生のグループは、癌に影響を受けた間質細胞が、免疫を阻害する骨髄由来細胞をC […]

少量の血液から病気を正確・効率的に診断する装置、芝浦工業大学が開発

 芝浦工業大学の二井信行教授らの研究チームは、ヒト血漿から無細胞DNA(cfDNA)を効率的に抽出・精製する開放型マイク […]

スキルス胃がんの全ゲノム解析で見えた治療標的

間野 博行、佐々木 博己 Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 1 | doi : 10.1038/ndi […]

がん患者の健康・医療データを自動連結して一元化するDX技術開発が産学連携で開始

 がん患者の抗がん剤による有害事象や健康に関わる生活情報、調剤情報および診療情報を個人レベルで自動的に連結するICT基盤 […]

がん治療を研究する若手研究者への助成事業継続のため、がん集学財団がクラウドファンディング開始

 公益財団法人がん集学的治療研究財団では、がん治療の研究をしている若手研究者、500以上の研究に対して助成金の進呈をする […]

がん手術の術前準備「プレハビリテーション」に関するガイドブックと動画を産業医科大学が公開

 産業医科大学では、2021年2月に「手術日までの過ごし方を、がん手術を待つ多くの患者さんへ」というクラウドファンディン […]

犬の腫瘍で特定酵素が過剰発現、東京大学が免疫療法臨床試験

 東京大学大学院農学生命科学研究科の池田凡子博士課程学生、西村亮平教授らの研究グループは、犬の腫瘍で組織内の免疫細胞にI […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 9