がん治療の記事一覧

京都大学、iPS細胞から抗原特異的キラーT細胞の作製に成功

 京都大学iPS細胞研究所の研究グループは、ヒトiPS細胞を用いて、安定した抗原特異性を持ち、がん細 […]

がん細胞死のスイッチを光でON、光免疫療法の仕組みを北海道大学などが解明

 北海道大学の小川美香子教授、米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究グループは、株式会社島津 […]

大豆から得られる物質が再発乳がんの細胞増殖を抑制 熊本大学など

 乳がんは女性の罹患率が第一位のがんで、近年患者数は上昇傾向にある。  乳がんの6~7割は、女性ホル […]

肺癌に対する免疫療法、抗PD-1抗体治療の効果持続メカニズムを解明 大阪大学

 近年、免疫チェックポイント阻害剤を用いたがん免疫療法による治療の進歩が目覚ましい。  本邦において […]

京都大学の本庶佑 高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞受賞

 京都大学の本庶佑高等研究院副院長・特別教授が、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

昭和大学、人工知能で大腸ポリープやがんを自動検出可能に

 昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英センター長は、名古屋大学大学院情報学研究科の森健策教 […]

アスベストが原因で発症する悪性胸膜中皮腫に対して、画期的なウイルス療法臨床試験を開始

 東京大学医科学研究所附属病院脳腫瘍外科の藤堂具紀教授らは、主にアスベストが原因で発症する悪性胸膜中 […]

星薬科大学、国立がん研究センターと包括連携協定

 星薬科大学と国立がん研究センターは教育、研究、医療活動での連携を進める包括連携協定を結んだ。がん医 […]

がん増殖を阻害、世界初のゲノム編集応用技術を開発 川崎医科大学と広島大学など

 川崎医科大学の深澤拓也准教授と広島大学の佐久間哲史講師、国立がん研究センター研究所の牛島俊和分野長 […]

京都大学が患者がん由来の鶏卵モデルの有効性を確認、がん個別化医療に可能性

 京都大学の玉野井冬彦特定教授らの研究グループは、鶏卵の中にヒトの患者由来の卵巣がんを再現することに […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5