がん治療の記事一覧

がん患者は残された時間よりも身体機能の予後を知りたいと考えている 筑波大学

 がん患者にとって、自身の予後に関する情報は、治療方針やさまざまな意思決定に影響を与える極めて重要な情報となる。これまで […]

指を5本に保ち、奇形を防ぐメカニズムを“陸上競技場モデル”で解明 東京大学

 東京大学の研究グループは、指が5本に保たれるために重要なソニック・ヘッジホッグ(SHH)タンパク質の濃度勾配の形成原理 […]

藤田医科大学、アフリカ・ルワンダと核医学治療で基本協定

 2022年8月12日、藤田医科大学はアフリカのルワンダ保健省と核医学検査・治療の技術支援、医療人材の育成を目的に基本協 […]

治療として提供される再生医療の安全性、有効性を京都大学が問題提起

 日本の再生医療で安全性や有効性に疑問が残る幹細胞治療が施されていることを、京都大学iPS細胞研究所の藤田みさお特定教授 […]

胃生検の検体画像から癌を診断する病理診断支援AI、精度は90%以上を達成

 日本病理学会、国立情報学研究所、東京大学などは共同で、胃生検の病理組織画像から腫瘍(癌)の有無を判定する病理診断支援A […]

抗癌剤による発熱性好中球減少症の発症率がコロナ禍で大幅減 金沢大学が発見

 新型コロナウイルス感染症の流行後、抗癌剤化学療法による重篤な副作用の一つである発熱性好中球減少症の患者が減少していたこ […]

アニサキスにスーツを着せてがん治療に、大阪大学が新技術開発

 大阪大学大学院の境慎司教授とウィルダン・ムバロク氏(博士後期課程)らの研究グループは、アニサキスなどの線虫表面を生きた […]

全く新しいステントを開発、ガン患者の苦痛を緩和

 東京都立産業技術研究センターは、東京医科大学、福井大学、慶應義塾大学と共同で、世界初の機能を持つ「ステント1」を開発。 […]

患者由来の物質利用し、がん転移先に効率よく届く核酸医薬 福岡大学が発表

 福岡大学薬学部薬物送達学の櫨川舞准教授らの研究グループは、「転移がんへの特異的集積性」、「細胞膜透過性の向上」、「安全 […]

2020年度のがん切除数が大幅減、コロナ禍が影響か 横浜市立大学が調査

 新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行した2020年度、国内のがん切除数が大幅に減少したことが、横浜市立大学附属病院 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 9