精神疾患の記事一覧

脳内モノアミンが複数集積する新たな神経核を、慶應義塾大学が発見

 慶應義塾大学の杉浦悠毅専任講師らの研究グループは、質量分析イメージング技術を高精度化し、感情や行動 […]

唾液腺は脳に影響する臓器、唾液中物質の抗不安作用を神奈川歯科大学などが発見

 神奈川歯科大学の槻木恵一教授らの研究グループは、鶴見大学、東京医科大学との共同研究により、唾液腺で […]

慶應義塾大学 自閉スペクトラム障害の症状ごとの脳機能を研究開始

 慶應義塾大学医学部精神神経科では、「自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害※」の各症状の背景に […]

うつ病早期支援へ、こころの応急処置を学ぶ社員向け短時間研修プログラム

 近年、職場でうつ病などメンタルヘルスの不調を抱える社員が増えており、休職や退職に至るケースもあるこ […]

順天堂大学とNTTコミュニケーションズ 園芸療法のストレス軽減効果を可視化するシステムを開発

 順天堂大学とNTTコミュニケーションズ株式会社は、園芸療法のひとつ“アグリヒーリング”の効果を広く […]

東北大学が「こころの個性」に関わる遺伝子を特定、精神的多様性の進化的維持を実証

 東北大学の佐藤大気氏(博士後期課程学生)と河田雅圭教授は、精神疾患関連遺伝子の中で、人類の進化過程 […]

サイコパスがつくうそ、脳の活動低下が影響 京都大学

 京都大学こころの未来研究センターの阿部修士特定准教授は、米ハーバード大学、ニューメキシコ大学などと […]

高度医療人材支援プログラム、新たに精神関連と災害支援の2領域で公募開始

 医療現場の課題解決に貢献できる人材を育成する大学に対し、文部科学省が財政支援する課題解決型高度医療 […]

ひきこもり傾向と相関する血中物質を発見 九州大学など

 九州大学らの研究グループは、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見したことを発表した。
  1. 1
  2. 2
  3. 3