農業の記事一覧

イネがアルミニウム毒性を緩和 筑波大学と岡山大学が仕組みを解明

 筑波大学と岡山大学の研究グループは、イネがアルミニウム毒性に強い理由を解明することに成功した。   […]

自然災害に耐える強靭な農業用ドーム 金沢工業大学が共同開発

 金沢工業大学建築学部の後藤正美教授(耐震工学)の研究室とジャパンドームハウス株式会社は、共同で農業 […]

金沢大学、緑茶農家による国産紅茶産業の復活を調査

 金沢大学人間社会研究域経済学経営学系の金間大介准教授らは、新市場創出の例として、日本における国産紅 […]

筑波大学など、植物の共生微生物受け入れを制御する新しい因子を発見

 植物は土壌中のさまざまな微生物と共生関係を築きながら生活している。例えばマメ科の植物は、根粒菌と「 […]

りんご園の害獣ハタネズミ対策にフクロウが効果的 弘前大学と岩手大学

 弘前大学と岩手大学の研究グループは、りんご園で繁殖するフクロウが、害獣ハタネズミの個体数を抑制して […]

複数種類の害虫を同時に防除する、“一石二虫”の技術を提唱 琉球大学など

 琉球大学、帯広畜産大学、高知大学は共同研究で、複数の種類の害虫を同時に防除・根絶するための、不妊化 […]

なぜ気孔には葉緑体があるのか?九州大学など、植物科学の長年の謎に迫る

 九州大学大学院理学研究院の祢冝淳太郎准教授と射場厚教授らの研究グループは、植物科学の長年の謎であっ […]

食料安保、気候変動より温室効果ガス削減の影響大 京都大学など

 京都大学大学院工学研究科の藤森真一郎准教授が国立環境研究所、国際応用システム研究所と共同で、205 […]

名古屋大学、「空気を肥料とする」農業に向けた大きな一歩となる成果

 名古屋大学大学院生命農学研究科の藤田祐一教授の研究グループは、光合成生物で窒素固定酵素を働かせるこ […]

「コア共生微生物」を用いて農業生態系を管理する 京都大学

 世界人口が2050年に98億人に達すると推計される中、気候環境の変動、肥料資源の枯渇といった要因が […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5