「ものづくり・ひとづくり・未来づくり」人間性豊かな実践的工学エリートをめざす

歴史・文化・伝統を活かしながら個性輝く自立性に富む工科系国立大学です。幅広い分野をカバーする‘’工学の総合大学‘’の強みを生かした研究と、豊かな未来づくりを担う実践的工学人材の育成に力を注いでいます。工学分野の専門性を磨く高度工学教育課程(生命・応用化学科、物理工学科、電気・機械工学科、情報工学科、社会工学科の5学科)と、工学のセンスと総合力を学ぶ創造工学教育課程と、働きながら産業界で通用する実践的なカリキュラムを夜間に学ぶ基幹工学教育課程の3課程で構成されています。

学部・学科一覧
工学部生命・応用化学科 定員数210名
物理工学科 定員数105名
電気・機械工学科 定員数200名
情報工学科 定員数145名
社会工学科 定員数150名
創造工学教育課程 定員数100名 ※6年一貫課程
基幹工学教育課程(夜間主) 定員数20名

問い合わせ先・住所など
郵便番号466-8555
住所愛知県名古屋市昭和区御器所町
部署名入試課
電話番号052-735-5083



その他
公式ページhttps://www.nitech.ac.jp/

名古屋工業大学の記事一覧

人事担当者から見た大学イメージ調査『就職力ランキング』 1位は京都大学

 株式会社日経HRと日本経済新聞社は、企業の人事担当者に、採用した各大学の学生のイメージなどを聞く「企業の人事担当者から […]

製品評価技術基盤機構、名古屋工業大学と製品事故データ活用し、安全な生活を研究

 製品評価技術基盤機構(NITE)中部支所と名古屋工業大学は6万件を超す製品事故情報のデータベースを活用し、製品事故が増 […]

名古屋工業大学が基幹工学教育課程(夜間主)を新設、一般選抜を廃止 2022年4月より

 名古屋工業大学は、2022年4月より工学部(第二部)の4学科を再編し、夜間教育を主体とした基幹工学教育課程を新設する。 […]

高齢者はなぜ自宅で熱中症になるのか、名古屋工業大学が計算科学とデータで解析

 名古屋市消防局と名古屋工業大学の研究グループは、熱中症搬送者ビックデータを用いて高齢者の熱中症発症過程を推定。搬送者に […]

コロナ禍の熱中症搬送者数への影響、名古屋工業大学などが評価

 名古屋工業大学、東北大学サイバーサイエンスセンター、東京電機大学の共同研究グループは、気象データと計算シミュレーション […]

名古屋工業大学の記事一覧