多彩な学びで専門の知識と技術を修得。7学部・9科・7センターを設置

沖縄県唯一の国立大学で日本最南端かつ最西端にある総合大学です。教育の質を確保し、幅広い教養を基礎とした高度な専門知識と課題探究能力を糧に、世界で活躍・貢献できる人材を育成。多様な個性および才能を十分に引き出し、新しい時代を切り開く叡智の醸成と社会の模範となる実践をめざしています。

学部・学科一覧
人文社会学部国際法政学科 定員数80名
人間社会学科 定員数80名
琉球アジア文化学科 定員数40名
国際地域創造学部国際地域創造学科 定員数265名
国際地域創造学科(夜間主コース) 定員数80名
教育学部学校教育教員養成課程 定員数140名
理学部数理科学科 定員数40名
物質地球科学科 定員数65名
海洋自然科学科 定員数95名
医学部医学科 定員数112名
保健学科 定員数60名
工学部工学科 定員数350名
農学部亜熱帯地域農学科 定員数35名
亜熱帯農林環境科学科 定員数35名
地域農業工学科 定員数25名
亜熱帯生物資源科学科 定員数45名

問い合わせ先・住所など
郵便番号903-0213
住所沖縄県中頭郡西原町字千原1
部署名学生部入試課
電話番号098-895-8141



その他
公式ページhttps://www.u-ryukyu.ac.jp/

琉球大学の記事一覧

幕末・維新期に使用された銃弾の鉛、半数は英国伝来と判明

 琉球大学大学院理工学研究科の相澤正隆博士研究員、岩手大学の溝田智俊名誉教授、熊本大学大学院先端科学研究部の細野高啓教授 […]

クローン繁殖種の日本フナ、有性生殖種と交雑しながら遺伝的多様性を獲得か

 日本人に馴染み深い淡水魚「フナ」には、通常の「雄と雌で有性生殖をする2倍体(有性フナ)」と「雌のみでクローン繁殖をする […]

サンゴの産卵は日没と月の出の間に生じる暗闇が合図だった、琉球大学などが解明

 台湾中央研究院の野澤洋耕博士らと琉球大学熱帯生物圏研究センターの高橋俊一教授との国際共同研究チームは、サンゴが月光によ […]

メダカの起源はインド亜大陸、国際共同研究チーム解明

 琉球大学、東北大学、京都大学など国内13の研究機関とインド、ベトナムなど海外6カ国の7研究機関による国際共同研究チーム […]

妊娠中の大豆、イソフラボン摂取が子の行動的問題のリスク低減に有効

 愛媛大学が主導し、東京大学、琉球大学が参加する共同研究チームが、妊娠中の大豆、イソフラボン摂取が子の多動問題のリスク低 […]

琉球大学の記事一覧