研究成果の記事一覧

名古屋大 細胞分裂の方向制御のメカニズムを解明

 名古屋大学の花房洋講師、松本邦弘教授らのグループが細胞分裂の方向をコントロールするメカニズムを解明 […]

カブトガニ体液凝固B因子の活性化機構を解明

 九州大学の川畑俊一郎主幹教授らのグループは生化学工業株式会社との共同研究で、カブトガニの体液凝固に […]

原子力利用の課題解決へ、文科省が11件の基礎研究を採択

原子力発電所の廃炉など原子力利用に関するさまざまな課題を研究する原子力基礎基盤戦略研究プログラムで、 […]

九州大 先天性免疫不全(ICF症候群)の原因遺伝子を発見

 九州大学生体防御医学研究所エピゲノム制御学分野のの佐々木裕之主幹教授らの研究グループは遺伝的な異常 […]

微量のゲルマニウムでダイヤが発光 暗号通信などへ応用

 東京工業大学の波多野睦子教授らの研究グループはダイヤモンドに空いた微小な孔とゲルマニウムから作られ […]

世界初、タコのゲノム解読-沖縄科技大ら

 「最も賢い無脊椎動物」と呼ばれているタコ。3つの心臓をもち、神経細胞のほとんどが8本の触腕に局在し […]

シジミチョウがアリの脳内物質を制御、神戸大ら

 シジミチョウとアリは、シジミチョウの幼虫が栄養の豊富な蜜を分泌してアリに与え、アリはそのかわりに幼 […]

名古屋大 核融合プラズマ中の乱流-スパコン「京」で新発見-

 名古屋大学の渡邉智彦教授、日本原子力研究開発機構の井戸村泰宏研究主幹、核融合科学研究所の石澤明宏助 […]

熊本大 世界最強のマグネシウム合金ワイヤーを開発

 熊本大学の河村能人教授は優れた金属線の加工技術を持つ東邦金属株式会社と共同で「KUMADAI耐熱マ […]

大阪大と資生堂 マツエキスでほうれい線などのたるみを改善

 大阪大学の高倉伸幸教授と資生堂の共同研究により皮膚のリンパ管の機能低下が肌のたるみの原因になること […]
  1. 1
  2. 98
  3. 99
  4. 100
  5. 101
  6. 102
  7. 107