生物学の記事一覧

岡山理科大学ら、大量絶滅期を生き延びた最古の「首長竜」の化石を発見

 岡山理科大学生物地球学部の林昭次講師、東京大学大気海洋研究所の中島保寿研究員、ドイツのボン大学のマ […]

東京大学、外来種アメリカザリガニの成長戦略を実証

 東京大学大学院農学生命科学研究科生圏システム学専攻の宮下直教授らのグループは、外来種であるアメリカ […]

「卵の形」を変えると細胞の配置パターンも変わることを発見

 総合研究大学院大学の山本一徳博士と国立遺伝学研究所の木村暁教授は、「特定種の線虫(C. elega […]

ウミガメの甲羅に「浦島太郎」、北海道大学が水生甲殻類の新種発見

 北海道大学大学院理学研究院の角井敬知講師、理学院の田邊優航氏らの研究グループは、アカウミガメの甲羅 […]

寄生された宿主の逃避行動と、移動が招くさらなる寄生者蔓延の皮肉 北海道大学らが証明

北海道大学と北海道立総合研究機構の研究グループは、他の生物に寄生された生物(宿主)が、自身の体力に応 […]

日本のアリがアメリカに侵入、食性を変えて拡大 日米共同研究で明らかに

 京都大学の松浦健二教授らの日米共同研究グループは、日本のオオハリアリが米国に侵入して食性を変化させ […]

オスからメスへの「婚姻贈呈」、脳の回路解明に先鞭 東北大学

 動物界では、オスがメスに求愛する際に、自分の食べたものを口移しでメスに与える「婚姻贈呈」行動の例が […]

昆虫の脳は哺乳類と共通の祖先から進化か 東京大学

 東京大学分子細胞生物学研究所の伊藤啓准教授、坪内朝子研究員、矢野朋子大学院生らの研究チームは、キイ […]

世界遺産・小笠原の土壌動物壊滅の謎を東北大学ら解明

 小笠原諸島の森林には、本来、落葉の下に無数のワラジムシ類とヨコエビ類が生息し、森の分解者として豊か […]

北海道大学農学研究院の吉澤和徳准教授らがイグ・ノーベル賞受賞

 人々を笑わせ、そして考えさせた業績に対する「イグ・ノーベル賞」が米国東部時間9月14日、ハーバード […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6