街の夜間照明が都市部に生息する昆虫の冬眠を妨げていることを、摂南大学理工学部の向井歩助教、大阪市立大学大学院理学研究科の後藤慎介教授らの研究グループが突き止めた。都市の温暖化の影響を受け、冬眠に入る時期も遅くなっている。

 摂南大学によると、研究グループは都市部に生息し、夜の長さを読み取って冬眠に入る習性を持つナミニクバエを用い、室内と野外で実験した。

 室内では、気温20度と15度の環境を作り、さまざまな照度の夜間照明を当てて冬眠に入る個体の割合を調べた。その結果、夜間照度を上げれば上げるほど冬眠に入る個体が減少し、気温20度の環境だと15度に比べて冬眠する個体が少ないことが分かった。

 野外では、周囲に夜間照明が少なく、晴れた日の満月程度の明るさとなる約0.2ルクスと、夜間照明が多く、夜の住宅街程度の明るさになる約6ルクスの環境で、冬眠に入るかどうかを調べた。約0.2ルクスの環境では多くの個体が10~11月に冬眠に入ったものの、約6ルクスの環境だとほとんど冬眠しなかった。

 さらに、夜間の明るさがほぼ0ルクスの郊外と都市部の約0.2ルクスの環境を比較してみたところ、約0.2ルクスの環境では10月中旬から冬眠に入る個体が増えたのに対し、郊外では9月下旬から増加していた。平均気温は都市部が郊外より日平均で約2.5度高く、研究グループは夜の明るさと気温の両方が昆虫の冬眠に大きな影響を与えているとみている。

論文情報:【Royal Society Open Science】Urban warming and artificial light alter dormancy in the flesh fly

摂南大学

摂南大学で“知”を極める。知的専門職業人を育成

2020年4月に農学部を新設し、8学部大学院6研究科を展開。総合大学の特長を生かして、他学部・他学科の分野横断型の履修を可能にし、幅広い知識を学べる環境を整えています。また、全学的教育プログラムを導入し、地域社会や企業などの課題発見・解決に挑戦する学内外のアク[…]

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地域[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。