理化学研究所計算科学研究センターの坪倉誠チームリーダー(神戸大学大学院システム情報学研究科教授)らの研究グループが、スーパーコンピューターの「富岳」を使って新型コロナウイルスの飛沫・エアロゾル拡散モデルを構築した研究で、2021年ゴードン・ベル賞のCOVID-19研究特別賞に選ばれた。

 文部科学省によると、ゴードン・ベル賞はスーパーコンピューターを使った科学技術分野の研究のうち、その年に最も顕著と認められた研究に対して米国計算機学会が授与しているもので、COVID-19研究特別賞は2020年から設けられた。

 受賞した研究は、文科省が完成間近の富岳の一部計算機能を先行活用して新型コロナ研究・対策を進める中で実施された。研究グループは一般のスーパーコンピューターで到底、対応できない高精度で、新型コロナの飛沫や飛沫が空気中で微少化したエアロゾルの飛散状況を予測して可視化し、有効な感染対策を提案した。

 その結果、マスク着用による感染予防効果が高いことや、エアロゾル対策としての換気が有効なことなどを突き止め、対策の実施を広く呼び掛けた。

 ゴードン・ベル賞の審査では、こうした点が高く評価され、米国で開催されているハイパフォーマンス・コンピューティングに関する国際会議でCOVID-19研究特別賞を受賞した。

参考:【文部科学省】スーパーコンピュータ「富岳」を活用した研究課題の2021 年ゴードン・ベル賞COVID-19 研究特別賞受賞について

神戸大学

先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学へ

世界に開かれた港湾都市に位置する神戸大学は、「人文・人間科学系」「社会科学系」「自然科学系」「生命・医学系」の4大学術系列の下に10の学部、15の大学院、1研究環、1研究所と多数のセンターを有する総合大学です。「学理と実際の調和」を理念とし、社会科学分野・理系[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。