明星大学は、2023年4月に「データサイエンス学環(仮称)」の開設を予定している。従来の学部学科とは異なる「学部等連係課程実施基本組織」の制度を東京都内の大学で初めて活用。学部の垣根を越え、数理科学・統計学・情報学を基盤とするデータサイエンスの専門知識と実践的な技術に加え、実社会における活用方法を学ぶ。

 経済産業省の調査(IT人材需給に関する調査2019年3月)によると、2030年にはIT人材が国内で約79万人も不足すると予想されるなど、デジタル改革を牽引する人材の確保が全国規模で求められている。

 この社会課題にいち早く対応できる人材養成に取り組むべく、明星大学は東京都内の大学で初めて「学部等連係課程実施基本組織」の制度を活用しデータサイエンス学環を開設する。ワンキャンパスに理系・人社系・融合系の9学部12学科を擁する総合大学としての強みを生かし、データサイエンスを学びの中心に置きながら情報学分野、理工学分野、経済学分野の学びを環状につなぐ。

 データサイエンス学環では、「基幹科目」「応用科目」「研究実践科目」の3つの科目区分を設けてデータサイエンスを体系的に学ぶ。4年間の学びを通じて大量のデータを正しく扱い、新たな価値を創りだせる、分析力と応用力を身につける。

 例えば「応用科目」は、データサイエンス学環と連係協力する情報学部、理工学部、経済学部の3学部それぞれの科目で構成され、学生の興味・関心や卒業後の進路に応じて、データサイエンスの実際の活用現場や、対象となるデータ等について学ぶ。さらに「研究実践科目」では学んだ知識・技術を社会の多様な課題に活用する方法を考え実践する。卒業後には、AIエンジニアや総合商社でのマーケティング担当、さらには経営コンサルタントなど社会のあらゆる分野での活躍が期待される。

 なお、本計画は構想中で、名称やカリキュラム内容などは変更になる場合がある。

参考:【明星大学】明星大学データサイエンス学環(仮称)を2023年4月に開設予定 ※設置構想中 -数理・統計・AIのチカラで「世界」を読み解く-

明星大学
明星大学

「学び続ける力 ✕ 協働する知性」総合大学なられはの学び

理工系、人文社会系、融合系など9学部・12学科がワンキャンパスに集結した、明星大学。学生、教職員、地域の方々とともに課題と向き合い学びを深めていく「体験教育」を実践しています。自身の専門性を深めると同時に、多様な知識や技術、価値観と交わることで視野や可能性を養[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。