山梨大学は2020年度以降に入学する全学部学生を対象に、数理・データサイエンス・AI教育を必修化する。実践的な数理・データサイエンス能力を持つ学生の育成が目的で、この方針が評価され、文部科学省の数理・データサイエンス教育協力校に選ばれた。

 山梨大学によると、教育は文理に関係なく、数理・データサイエンス・AIの基礎を学ぶ基本コンテンツと発展的な内容を含む高度コンテンツの2つを学習させる。政府統計など現実のデータを授業の中で活用する方針。自宅でビデオを受講して予習し、教室で講義をしない反転授業など新しい学習方法も取り入れる。

 数理・データサイエンス・AIの専任教員を学内に配置し、大学教育センターを核として全学態勢で教育を進めるのも特徴。学生の指導と同時に学外への数理・データサイエンス・AI教育の普及を促す。

参考:【山梨大学】令和2年度から数理・データサイエンス・AI教育を必修化&文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開」協力校に選定

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。